【お客様の声】飼い主目線以外の愛犬の気持ちが知れた!

「虹の橋を渡った飼い犬の気持ちを知れたら…と思うことが何度もあったので。」といらっしゃったN様。ご本人の承諾をいただいたので、セッションのご感想を紹介いたします。

セッション本当にありがとうございました。胸の奥につかえていたものがなくなり、愛犬との思い出が今まで以上に大切なかけがえのないものになりました。思い出した時の愛犬の表情が違って見えるのが不思議です!Nさま(30代/主婦/新潟県)

N様、ご感想ありがとうございます。

今は肉体を持たない愛犬さんが、N様やご家族様に注がれた愛をしっかり受け取り、新しく迎えられた命をはじめ、N様やご家族様に今も尚、愛を注ぎ見守る愛犬さんの想いをお伝えさせていただき、感動いっぱいのセッションでした。こちらこそ本当にありがとうございました。

▼ N様のご感想全文は以下でご紹介させていただいています。
虹の橋を渡った愛犬さんや言葉の発達段階にある赤ちゃんやお子さんとのコミュニケーションにお悩みがある方、ご参考になれば思います。

関連記事

  1. 【お客様の声】こどもは敏感に感じ取っている

  2. 【お客様の声】見過ごしていた価値観と向き合い、変化が起こった…

  3. 【お客様の声】言葉に尽くせない感謝の気持ちがこみ上げています…

  4. 【お客様の声】2019年のサービスや在り方の方向性が明確にな…

  5. 【お客様の声】ワクワクキラキラだだ漏れ状態。笑

  6. 【お客様の声】立ち止まっていたチャレンジを決意!

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。