【お客様の声】言葉に尽くせない感謝の気持ちがこみ上げています

「何気なく撮影した写真に映るものがとても気になるので、それが”何か”知りたい!」といらっしゃったM様。ご本人の承諾をいただいたので、セッションのご感想を紹介いたします。

写真を見て、開口一番に「昔、白い犬と暮らしていましたか?」と聞かれて、走馬灯のように自分の中の記憶が駆け巡り、バラバラだった記憶のパズルのピースがカチッとはまっていくような感覚がありました。(中略)「怒ったり、憎んだりしてないよ。ただ、もっと一緒にいて欲しかった。触れ合って欲しかった。寂しかったんだ…。今一緒に暮らしているわんちゃんを心から大切にしてくれてありがとう。僕はそれで救われたよ。ありがとう。」と彼のメッセージを聞いた瞬間、写真からモヤっと写っていた影がなくなり、とても温かな気持ちになりました。そして、言葉に尽くせない感謝の気持ちで今はいっぱいです。動物も人間も根本で大切にしたいものが”愛”なのは同じだということも実感する時間でした。Mさま(50代/会社役員/京都府)

M様、ご感想ありがとうございます。

今は肉体を持たない愛犬さんが、M様に今も想いを寄せ、「”愛”とは何か?」を伝えてくれた感動いっぱいのセッションでした。今もなおドッグオーナーさんであるM様の様子を、虹の橋の向こう側から見守ってくれている愛犬さんのためにも、今の愛犬さんとの暮らしがより愛でる日々となりますように!

▼ M様のご感想全文は以下でご紹介させていただいています。
虹の橋を渡った愛犬さんや言葉を話さない植物・モノなどからのメッセージを知りたい方、ご参考にされてください。

関連記事

  1. 【お客様の声】見過ごしていた価値観と向き合い、変化が起こった…

  2. 【お客様の声】モヤモヤした気持ちが晴れました!

  3. 【お客様の声】2019年のサービスや在り方の方向性が明確にな…

  4. 【お客様の声】飼い主目線以外の愛犬の気持ちが知れた!

  5. 【お客様の声】ワクワクキラキラだだ漏れ状態。笑

  6. 【お客様の声】立ち止まっていたチャレンジを決意!

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。