犬を迎える日までに準備するもの

 

犬を飼いたいけど、どんな準備が必要なのか、はじめて犬を迎える場合は、わかりませんよね。
犬を迎えるにあたり、どんなものを買い揃えたらいいかについての疑問や不安をまとめてみました。

犬を迎える準備について

・食器と水飲み

安定感があるものを選び、犬の首に負担が掛からない高さに調節して置きます。
お水は、犬が飲みたいときに飲めるよう新鮮なものを用意します。
食事は時間と回数を決めて、その子にあった適切な量を与えます。

・ごはん

市販のドッグフードもしくは手作り食があります。市販のドッグフードを利用する場合は、
年齢や体調にあった「総合栄養食」と表示のあるフードを選ぶといいでしょう。

・寝床

ゲージは犬にとって家(ハウス)そのものです。

リラックスして休むことができ、安心して寝ることができるサイズ感のものを選び、
直射日光のあたらない風通しのいい場所に準備します。

犬用ベッドをゲージにいれておくことで自分の匂いに安心し、より過ごしやすくなります。
犬用ベッドは市販のものでもいいですし、タオルやクッションなどを代用しても構いません。

・トイレ&トイレシート

室内で暮らす子の場合、衛生面やお掃除のことを考えてトイレの場所を決め、
そこで排泄することを教えてあげてください。

排泄中が一番敵に襲われる危険性が高いことを犬の本能として記憶しているため、
排泄中は目を合わさないなど安心できる環境を作ってあげてください。

・おもちゃ

口にいれても安全で、飲み込まないサイズのものを犬がひとりで遊ぶようのおもちゃとして用意します。

そして、引っ張り合いっこして遊ぶロープトイなど、ドッグオーナーさんと犬が
一緒に遊ぶようのおもちゃも用意します。

・リードと首輪

お散歩時の事故防止を防ぐために使用するため、首輪のサイズが犬にあっているか
必ず確認してからリードを繋いでください。

ポメラニアンなど毛量の多い犬種の場合は、特に見た目だけの判断では危険が伴うので、
必ず飼い主さんの指を通して外れないかどうか確認してあげてください。

また、トイプードルやポメラニアンなどの小型犬は、特に身体の負担を考えて、
首輪ではなくハーネスの利用が良いです。

まとめ

はじめての犬の迎え入れは、特に不安があると思います。

しかし、家族として迎え入れるという気持ちがまずははじめの一歩です!
完璧な準備などありません。愛犬とスキンシップやコミュニケーションを重ねながら、
お互いが心地よくいられる関係性を築いてください。

そして、犬を迎えるその日から早速使うものについては慌てないためにも、
ぜひ事前に準備しておきたいものです。犬を迎える際や始めて犬を迎える際の参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 大切な存在とのコミュニケーションをもっと楽しむためには?

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。