犬を迎え入れるときに必要な費用~登録料や予防接種など~

犬を家族として迎え入れる際に必要な費用は、犬種によって若干異なりますが、まず最初に必要な費用についての疑問や心配をまとめてみました。

登録手数料

3,000円(1回のみ)
※地域により若干の差があります。

生後91日以上の犬を飼い始めたら30日以内に登録が必要です。登録手続きが完了すると、鑑札を交付されます。犬が迷子になったときの特定に役立つので、ぜひ首輪などの目立つところに身につけてあげてください。

また、登録をするためには狂犬病の予防注射を接種していることが前提となりますので、予防注射を受けた後、注射済票の証明書を持って市区町村の役所または保健所に行きましょう。

狂犬病の予防注射

・3,000円前後(年1回)
※接種会場で行われる定期集合注射か動物病院で注射を受けるか、地域により差があります。狂犬病ワクチンは、法律で年に1回の接種が義務付けられています。対象は、生後91日以上のすべての犬です。

注射済票交付手数料

・550円前後(年1回)
定期集合注射とは別に、動物病院で狂犬病注射を受けた場合は、注射済証明書をもらい市区町村の役所または保健所で、注射済票の交付を受けてください。

病院での健康診断

・初めての場合には初診料がかかります。初診料1,000円前後
・ワクチン接種料金は混合ワクチンの種類により異なります。だいたい5,000円~10,000円程度

いずれにおいても動物病院は自由診療のため、病院により料金はさまざまです。子犬の場合、移行抗体の量が減り、ワクチンの効果が一番発揮できそうなタイミングでの接種が良いことなどから、数回にわけてワクチン接種します。犬を迎えた時期にもよりますが、迎えてから追加で2回前後のワクチン接種が必要になる場合が多いようです。

まとめ

可愛い子犬を見るとすぐにでも一緒に暮らしたい気持ちになりますよね。しかし、家族として迎え入れると、最期まで犬と一緒に暮らすという責任や社会的義務が生じます。犬を迎え入れる前に、最初にかかる費用を知り、心構えと充分な準備をしてから迎え入れてあげましょう。

ドッグオーナーさんもわんちゃんも「笑顔である暮らし」のために!

関連記事

  1. はじめて子犬を迎える不安を解消するために事前に知っておきたい…

  2. 愛犬と暮らし始めたきっかけをあなたは覚えていますか?

  3. 子犬を迎える準備〜室内環境の準備〜

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。