【配信スタート】あなたの”LOVE”を届けるワーク形式メールレター

おかげさまで、10月22日に愛犬が健康で無事に3歳を迎えました。

 

一時期は、3歳を迎えることが困難かもしれない!という予期せぬ獣医師からの宣告も受けていてのことだったので、感謝と束の間の安堵の気持ち、そして、とにかく頑張ったポンの生命力とそれを信じた自分をはじめ、ここまで支えてくださったすべての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

私がドッグコミュニケーションアカデミーを始めるきっかけになったのは、初めての愛犬との暮らしで感じた大きな戸惑いや思い通りにならないことへの苛立ちなどがきっかけで身につけたコーチングの基礎と実践から得た日常の変化や楽しみを多くのドッグオーナーさんと共有したいという気持ちからでした。

 

植物さえも枯らしてしまうほどのわたしが育てることとなり、もぉー、そりゃ、必死でした!命を預かる責任と、楽しく一緒に暮らしたい理想のすべてが自分の中にあり、けれど、力みすぎてどれも悩みっぱなしという状態でした。

今なら笑って話せますが、当時は形相を変えるほどに必死でした。

コーチングを学んで愛犬と言葉を使わずコミュニケーションが取れるようになり、理想の暮らしに近づき、落ち着きを感じていた今日この頃でしたが…それは思い違いだったようで^^;

『第2次イヤイヤ期???』と思っていたら、それはどうやら”自我の芽生え”のようなのです。

もぉ!!!この自我と言ったら凄まじく強烈なエネルギーを放っております。「思い込みや決めつけを持つ自我=頑固さ」とは違い、感情だけでぶつかってくるんですよーーー!!!

 

こちらも体幹をしっかり鍛えておかないと、感情のエネルギーとやらの自我を、受け止めることができないくらいに強烈なパワーなんです。パワーって感情だから、削ぐと悪循環を起こします。だから、しかと受け止めてあげたい。けれど、こちらにも事情と受け止めやすいタイミングがあるってもんで。(寝落ち寸前にこのパワーで突進されたら、わたしは受け止める自信がない><)

そんなときもコミュニケーションが取れていたら、いえ取れれば、お互いにとって最高のタイミングでコミュニケーションを取るタイミングを迎えられると思うんです!!!

ことばが話せなくても、愛犬とコミュニケーションが取れます!この非言語のやりとりは、犬に限らず、ことば以外で意思のやりとりをしたい相手にも届けることができます。

ことばを使わないコミュニケーションで大切な人ともっともっと理想の関係に近づきたいあなたのお役に立ちたいと思い、7日間にわたって、非言語コミュニケーションのメールレターをお届けさせていただくことにしました。

あなたが想う大切な方に、あなたの”LOVE”を届けるためのワーク形式メールレターです。愛犬やまだ言葉を話せないお子様をお持ちのママはもちろん、コーチなど”非言語コミュニケーション”を生業にする方にも、きっとお役に立てる内容になっています。有料サービスの内容を惜しみなく解禁した内容です。

メールレターのご登録

ご登録は、こちらからどうぞ!
(たった5秒で登録完了します)

それでは、どうぞ楽しんで取り組んでくださいね^^

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。