大切な存在とのコミュニケーションをもっと楽しむためには?

【犬の十戒】わんことの約束

これは、「犬との暮らしを始めようと思ってる。」と友人に話したときに
「犬を迎え入れるか決める前に、絶対1度読んでみて!」と教えてもらった犬から人へのメッセージです。

1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。

2. Give me time to understand what you want of me.

私が「貴方が私に望んでいること」を
理解できるようになるまで時間を与えてください。

3. Place your trust in me-it’s crucial to mywell-being.

私を信頼して下さい…それだけで私は幸せなのです。

4. Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも…私には貴方だけしかいないのです。

5. Talk to me sometimes. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when its speaking to me.

時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6. Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.

貴方がどれほど私を扱っても
私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7. Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私は貴方を噛まないように決めている事を。

8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me.Perhaps I’m not getting the right food, or I’ve been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問い掛けてみて下さい。

適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9. Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.

私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。

10. Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it, or, “Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです 。

貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

そして……どうか忘れないで下さい。私が貴方を愛していることを。

【犬の十戒】わんことの約束
(引用URL:https://matome.naver.jp/odai/2136126214098319801

悩ましいことや、困ったこと、どうしていいかわからなくて投げ出したくなったこと、愛犬ポン太とのこれまでにはいろんなことがありましたが、そんなときこそ【犬の十戒】を何度も繰り返し読んでいました。ただ、そこに居てくれるだけで、毎日たくさんの癒しと幸せを届けてくれる大切な家族の一員。そして、今ではお互いに歩み寄れる関係にもなりました。

時には、叱ることもあるけれど、「不安」ではなく「愛」で伝える!

その想いが感情で見失われることのないよう、まずは自分との対話を大切にすることを心がけています。

【犬の十戒】は、犬から人へのメッセージに留まらず、言葉を置き換えれば、親子など人との関係にも通じるメッセージではないでしょうか?

人も、犬も、命あるすべての生き物は尊い。そういう社会であって欲しい。そのために、わたしは「自分の中に安心・安全な場所を作ること」そして、「自分や大切な存在を孤独にしないコミュニケーションを身につけること」の機会提供を、非言語コミュニケーションアカデミーを通じてこれからもお届けしていきます。

関連記事

  1. 犬を迎える日までに準備するもの

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。