おかげさまで弊社は6年目を迎えました

おかげさまで弊社は11月1日に6年目をスタートしました!

負けん気だけで乗り切ろうとしていた1度目の経営と違い、自分の心に素直であれることだけに精一杯取り組む!と決めた2回目の経営は、思いがけない仕事や人とのご縁をたくさんいただき、今に至っています。

ご縁くださったすべてに感謝です^^

「心で感じる」ことだけを選択する!という表現は時に我儘な印象として受け取られることもあります。

けれど、我儘でいいんだなぁ〜。

なぜかというと、我儘であることは自分への思いやりだと思うから。

自愛や思いやりが自分へ持てない時に、他者に対して愛や思いやりを素直に感じられるのでしょうか?

わたしにはできませんでした…。

お手紙やメールの最後を「ご自愛ください。」と締めくくることありませんか?
まずは自分自身へ「自愛してね!」と伝えてみるのはどうでしょうか?

6年目のスタートと同時に始めた「非言語コミュニケーションの学び舎」
掛田 恭子 (Kyoko Kakeda)さんに名刺をデザインしていただきました。

「節目と新たなスタートに向けて名刺を新調したい!」と彼女に相談した時、わたしに掛けてくれた言葉。

「人じゃないよ!まずは自愛してね!」

全身の力を抜いて、しっかり地に足をつけ、わくわくしたヴィジョンで突き進む!!!

そう決めていたわたしにとって彼女が掛けてくれたこの言葉は”宝物”。

大切な人のためにも、手を差し伸べてくれる人のためにも、まずは自分が自分を愛すること。これが自然体となれば、きっと社会も世界も地球全体がハートフルであると心から信じています。

まずは、自分。

非言語コミュニケーションを通して、自分を大切にできる人が増え、人の喜びや幸せを自分のことと同じように実感し、受け入れる人や社会がそこにあり続けられるように…ウィルビーとして、金澤すみえとして、これからも活動していきます。

 

先日、配信を開始した無料メール講座、初日に20名以上の方にご登録いただき、感謝の気持ちでいっぱいです!非言語コミュニケーションに興味がある〜という方は、ぜひご覧いただけると嬉しいです♡

【無料メール講座】言葉を使わず大切な人や愛犬にLoveを届けるワーク形式の無料メール講座♡
ご登録はこちら!(登録はたった5秒で完了)
https://weruby.co.jp/mailletter

関連記事

  1. 家族とあるがままの自分で生きる

  2. 新時代の幕開け

  3. 3歳を迎えて♡

Profile -プロフィール-

ウィルビー株式会社 代表取締役
ライフコーチ
金澤 澄江 Sumie Kanazawa

愛犬とのコミュニケーションに困り果てた経験がきっかけで、「同じ悩みを抱えるドッグオーナーをサポートしたい」と、2015年よりコーチとして活動をスタート。状況が改善する愛犬との暮らしで、潜在意識を活用した非言語コミュニケーションの奥深さを実感し、2018年アニマルコミュニケーターとなる。

現在は、ライフステージが変化し、「家族を犠牲にしないで、仕事でもより成果をあげ、豊かな人生を目指したい」と願う、女性の自己成長をサポートするための”ワークライフバランスを整えるコンサルティング型コーチング”を行っている。プライベートでは、ポメラニアンの男の⼦のママ。